静岡浅間山日米合同慰霊祭

静岡空襲の犠牲者二千名の慰霊観音像と空中衝突して墜落したB29の搭乗員23名の慰霊碑で毎年行われて来ました。
戦時中から資産家の伊藤福松さんが私財を投じて建立したもので、45年前から菅野病院長が引き継いで行われて来ました。
菅野先生は旧知の同志で零戦愛好会の会長です。この慰霊祭と12月8日の真珠湾の慰霊祭をづっと続けてこられました。
NMVAではお役に立とうと、近い有志でサポートしてます。今年も白石氏他7名が参加しました。
横田基地からは司令官、儀仗兵以下多数が参列、地元自衛隊、公職者他参列の元日米合同の式典となりました。
浅間神社の駐車場は4台の車輌が並びミニ展示会のようで注目を集めました。
懇親会では横田基地の関係者、自衛隊との交流も出来有意義な会となりました。
終了後はハワイ真珠湾の博物館関係者を車輌で駅までお送りしました。後日お礼と招待がありました。
横田基地の日米友好祭展示も菅野先生のご尽力であり来年も参加します。















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です